新作MV「Ghost Town」 を公開しました。


新作MV「Ghost Town」 を公開しました。


こんばんは。レオです。
新作MV「Ghost Town」 を公開しました。
「Ghost Town」猪原秀陽(以下いのっち)の漫画 「二人は旅の途中」をモチーフにして作られた曲です。

今回、MVを製作するにあたって、原作者のいのっちに描いてもらえたら最高だなって無理を承知でお願いした。
だって、いのっちのあのイカした漫画が好きすぎて曲にしたんだもの。
曲に合わせてケンちゃんとマイコーが、おばけとガイコツが、吸血鬼に変態が!
対立したり敵対したり、協力したりして、そして最後はそれぞれの「顔」で踊り出す。

僕らも、ケンちゃんもマイコーも、

二人は旅の途中です。


そんでもって

ばっちり映像のイメージがあったので、それをいのっちに伝えたら、イイね!やろう!と超快諾。
その後10日ほど経って、いのっちから全体の絵コンテが届いた。
当初伝えたイメージにさらに羽が生えたストーリーになっていて、ワクワクを禁じ得なかった。

でもこの時はまだ、手描きのアニメーションに骨折するほどの手間と時間がかかるとは、いのっちも俺も想像してなかったわけで。

そこからちょこちょこやり取りを挟んで半年過ぎて、この映像が完成したんだよね。

最後のシーン、クマに鈴とケンちゃんとマイコーが並んでる絵、あれを観た時込みあげる感情の正体を突き止めるのを野暮に感じるくらい、
それは友情だった。


思えばいのっちとの出会いは蒲田の多摩美の油のやつらがシェアしていたアトリエ、betaだった。


そうあれは2011年3月10日
真っ赤なセーターを着た俺と、赤い服を着た元、ナイル、ぽんちゃい。
革ジャンの竜太に踊るいのっち。
終電で帰る草と俺。
あそこにみんないて、翌朝から日本は変わった。

そこから3年くらいかなbetaでよく遊ぶようになってクマに鈴もそこで初めてライブをやった。カッコいいバーカウンターを自分らで作って、DIYなパーティをつくった。
白いTシャツを着てコンコンカンカンと大工作業。流した汗に春香苑の餃子とビールがよく染みる。


ていうかこのころの俺ガタイ良すぎじゃないか。


カセットのジャケを描いてくれた高木真希人(マッキー)も出会ったのは、betaでヘロヘロに踊りながら大丈夫ですよーーーと叫んでいたところからだから、
カセットも含め、今回のMVも、教会のイベント風街ルルドも、この深海betaから生まれたんだよ。

さて、MVですが、猪原秀陽初の映像作品としてリビジュアライズした、往復書簡作品となっていて、最高にロマンチックです。


是非観てください!



「Ghost Town」はカセット「The Rokki Horror Show#5 Taian」に収録されていますので、是非カセットでも聴いてもらえると嬉しいです。
できたらカーステレオで、ひなびた通りを抜けながら。

No comments

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>