かなり久しぶりの投稿です。


かなり久しぶりの投稿です。

こんにちは、クマに鈴、のクマのほうって言われてたりする平賀です。
といって決してきょうちゃんのことを鈴のほうという人はいないんですよね。
なんでかな。
クマっぽい?
くまったな。

さて、2015年から計画していたクマに鈴の
「Revolutionaly road」(ディカプリオの映画ね)ですが、
1stカセット出してから2ndまではよかった。

2015年の4、5、6月で1、2、3、8、9、10月で4、5、6本目のカセットをリリースして、
2016年にはコンパイルした作品を出して、2016年の夏頃にはWWWでイベントやって、
2017年頭にはキネマ倶楽部でマジで凝ったワンマン大成功させて
黄色い声援受けながら古いアメ車で颯爽と夜に消えていく。
そんな「Revolutionaly road」のはずだったんだ。

それが、2017年も終わりの足音聞こえ出す10月ですよ。
まだ5本目までしかリリースできていない。

面目無い、、2年前の俺たち。
でもね、大丈夫だよ。
この2年は決して無駄ではなかったし、もうすぐ6本目はリリースできるし、なんていってもほら、ルサンチマンになってたあの頃に渇望した場所でライブをするんだから。

そう、遂にHMV渋谷店でインストアライブをするんだ。わかるか?


foever21があるビルにちょっと昔にあったHMV渋谷。(象徴的だよな渋谷カルチャーの発信地でもあり、音楽がインフレ気味に勢いを持ってた90年代から渋谷に居を構え、98年にfoever21の場所に移って。そういえば小学校の時に自分の小遣いで初めてラルクの浸食を買ったのもHMV渋谷だったなぁ。それが消費の代名詞ファストファッションに入れ替わり、音楽、なにそれ食えんの?な時代がやってきた。ヤア!ヤア!ヤア!)

閑話のボリューミーになっちゃいましたが、
音楽をやり始め、生意気にも自信を持ち始めていたあの頃ですね、

当時の渋谷のHMVの閉店ライブを見ながら、どうして自分はここにいないのだろうと、至らぬ自分のスキルや才能、キャリアを棚に上げ、ルサンチマンになってばかりいたわけです。

ある人にとっては、当たり前で
ある人にとっては通過点で
ある人にとっては夢のままで

わたしにとっては———。

これはデジタルタトゥーが怖いとかそういうことじゃなくて、言い切るのが憚られますので、伏せました。

早かったのか、遅かったのか、わかりませんが、ようやくたどり着いたぞ(あの頃指咥えてたオレ)。

渋谷のHMV

カセットのメディアに面白みとKU-FUの光を見た僕らがカセット6部作品の完結を祝い、
カセットストアデイ限定のThe Rokki Horror Show6作セットのComplete Box Setを30個限定で生産販売します

箱こだわりました!


10/14の土曜日、19時からインストアライブをします。

しかも、この2年の焦らず一歩一歩オンペースで進めてきた足取りで、出会い共鳴した(してるよね?)素敵な音楽家と一緒にお互いの作品の門出を祝いあうことができるんだぜ。

うれしいよな。

やなぎさわまちこ


彼女をはじめて知ったのは、ギターのリペアをNoahlewis’ Mahlon Taits武末さんに紹介してもらったあゆくんにお願いして、それきっかけであゆくんが主宰しているayU tokiOというバンドのライブを見に行った時。ライブで1曲かな、すごくスッキリとして丁寧にいい声で歌うなぁと、印象を受けたのが覚えています。それがマチコちゃん。

ayU tokiOとはいつかライブ一緒にやりたいなと思っていたら、これまた数奇な縁で、

マチコちゃんの1st albumの「わたしの向こう側」の発売記念をこの度ご一緒にできることになりました。

こちらですね。


凄くいいです。

皆さん一家に一枚の、優れたポップ作品。流れていくけど、残滓は瑞々しく、枯れた土壌には若々しい芽が伸びているでしょう。

それぞカルチュア。この方、耕しています。

買いましょう。

今回はライブセットとして、彼女のバンド「やなぎさわまちことまちこの恐竜」通称YMMKで演奏します。

このバンド、僕多分全部のライブに行ってますが、(1回は出演時間間違えて終わってからライブハウスについた)カッコいいです。

踊れますし、マチコちゃんの丁寧で率直な、いいボーカルがちゃんとあります。

かくいうわたしらといいますと、
こちらです。


カセットの曲から今回はいくつかピックアップして演奏します。

サポートメンバーは今回、バイオリンの高原久実ちゃんとギターの広川くんが予定が合わずいつものメンバーではありません。

※いつものメンバーでインストアライブを迎えることができたら胸熱通り越して胸焼けして吐いてしまってたかもしれません。

今回サポートメンバーは、
ギターにayU tokiO猪爪東風くん
バイオリンにYoji & his ghost bandで演奏している伊東孝寛さん
シンセに恋のパイナップルゆみっこさん
ベースにkazuma hirose with ECHO礒部智くん
マンドリン等いっぱいを虫のしらせ関太一ちゃん
ドラムに同じく虫のしらせ海次郎くんをお迎えしての演奏になります。

カセットボックスのパッケージ目下製作中です。


某メゾンのようですね。

ここから高木 真希人の秀逸な絵がパッケージに魔法(あ、魔法って音楽関連だと今ビット立ちやすい言葉なんだよね!)をかけていきます。

6本目のジャケも公開しちゃいます!
どーーーーん


最高ですね。w
マヂで。

すげえいっぱい書いちゃったから、書いてる間に人称も、語り口も統合性を失調していますが、言いたいことはただひとつ。

来てください。
ここからです。



クマに鈴

平賀レオ


No comments

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>